FILTERING TAG
「F1」

<生活ラボニュース vol.15> 20歳~34歳のデスクワーカー400人に聞く、オフィス環境調査

(1)いまどきオフィスは“乾燥警報”発令中!
●デスクワーカーの約8割が感じている「オフィスドライ」
●目元や肌だけでなく、実は「口周り」でオフィスドライを実感
オフィスドライを感じるデスクワーカーは全体の78.0%/女性(87.5%)だけでなく、男性(68.5%)も7割がオフィスドライ/オフィスドライを感じるのは「口元や唇」(63.0%)がトップ

(2)一番のオフィスドライ対策は「水分補給」
●男女を問わず、乾燥対策は「水分補給」がいちばん大事
オフィスドライ対策は「水分補給」(62.9%)が男女ともにトップ/オフィスドライ対策、男性は水分補給だけ、女性は様々/ストレスが高い人の85.0%がオフィスドライを感じ、ストレスが低い人(59.4%)より20ポイントも多い

(3)席飲みドリンクは“ちびだら飲み”が主流
●仕事中に席でいちばんよく飲むのは「水」
●のどや口の渇きを癒やす「水」の飲み方は“ちびだら飲み”
席飲みドリンク第1位は「水(ミネラルウォーター)」(63.5%)/「水」を飲む目的は、「のどの渇きを癒やす」(87.0%)ため/1本を2時間以上(63.0%)かけて飲む“ちびだら飲み“が主流

(4)オフィスドリンクの新基準は「快適さ」
●仕事に欠かせないオフィスドリンク。なのに6割が不満アリ
●オフィスドリンクには、おいしさだけでなく「快適さ」も重要
現状のオフィスドリンク、58.8%が不満/ぬるくなるとおいしくないなど「水」ですら不満が高い(65.0%)/おいしさや味だけでなく、口が潤い(43.3%)さっぱりする(37.3%)など、飲んだ時の「快適さ」もオフィスドリンクの新しい選択基準に

★上記は調査結果の抜粋です。詳細は下記よりご確認ください ⇒ Release topic 130422

【調査実施概要】
 ◆調査手法:インターネット調査◆調査機関:M1・F1総研(R)
 ◆調査地域:一都三県◆実施日時:2013年3月9日(土)~11日(月)
 ◆調査対象:自分の席でのデスクワークが中心の20歳~34歳の働く男女 400名(男性200名、女性200名)

<M1・F1アワード>『2012年 M1F1アワード』が決定! 男性は「iPhone 5」、女性は「東京スカイツリー」が1位に。

20歳から34歳までの若者層のマーケティング調査機関であるM1・F1総研®(株式会社Media Shakers運営)は、2012年に首都圏のM1・F1層で最も注目され、流行・話題になったものを表彰する『2012年 M1F1アワード』を発表しました。今年は、M1層では「iPhone 5」、F1層では「東京スカイツリー」が1位に輝きました。その他ランキングトップ15は下記の通りです。

121228

本年のM1F1アワードのランキングを見ると、M1で1位、F1で5位の「iPhone 5」、M1で3位、F1で1位の「東京スカイツリー」などのように過去にランキングに登場したものが、再度新たな人気をあつめて登場している事例が多数見受けられます。また、芸歴18年の「スギちゃん」や本国では100年以上の歴史を誇る「オランジーナ」などのように、その歴史を蓄積したものがランキングに並んでいるのも今年の特徴です。単に新しいものや話題性のある人が登場し、使い捨てられるのではなく、ヒットが成長し、新たな話題を生み出し生活者とロングエンゲージメントを結んでいくことが、これからのヒット商品や話題のサービスには必要であると考えます。

■媒体特別賞■
R25・L25のそれぞれの媒体の特徴を反映した媒体特別賞も合わせて選定いたしました。

 

◎R25特別賞 <R25世代(25~34歳男性)を最も応援していた人物・モノに贈る賞>

香川真司

昨今、ビジネスマンにとって「グローバル化」は1つのキーワード。しかし、海外勢との戦いで劣勢を強いられる日本企業も少なくなくありません。そんななか、イングランド・プレミアリーグの名門「マンチェスター・ユナイテッド」への移籍を勝ち取り、世界のトッププレーヤーと肩を並べて活躍する香川選手の姿は、「同世代の日本人が世界のトップで活躍している」という誇りをM1に与えてくれました。

 

◎L25特別賞 <L25世代(25~34歳女性)の女子力を最も推進していた人物・モノに贈る賞>

パンケーキ

近年のパンケーキ界隈は今までのスイーツ系としての位置づけから脱却し、リコッタチーズなどを使った甘くないものにも人気に火が付きつつあり、「朝食でパンケーキを食べる」、という行動が、L25世代を中心に市民権を得つつあります。今年の話題を呼んだ行列店「カフェ・カイラ」や「サラベス」の主力メニューにもパンケーキが並んでおり、L25世代の新たな食の選択肢として話題になりました。

 

『2011年 M1F1アワード』選考方法

1000人のM1・F1層に対し、インターネット調査を実施。40個の候補それぞれを、「お気に入り度」「話題性」「関与度」の3つの尺度で得点化。得点が最上位のものをグランプリとしました。

 

M1・F1アワードに関するリリースはこちら

<M1F1アワード>『2011年 M1F1 アワード』が決定! 男性は「Androidスマートフォン」、女性は「節電グッズ」が1位に

2011 年に首都圏のM1・F1 層で最も注目され、流行・話題になったものを表彰する『2011 年 M1F1 アワード』を発表しました。本年より、従来の上期、下期に分けたランキング発表を年1 回に改訂し、今年1 年間で流行したヒト・モノ・コトを発表する形式としました。 今年は、M1 層では「Android スマートフォン」、F1 層では「節電グッズ」が1位に輝きました。

本年のM1F1 アワードは、3.11 の東日本大震災の大きな影響のもとに、従来とはやや異なる様相が結果に反映されました。M1・F1 総研では、今年のM1・F1 層の流行の背景となるM1・F1 層の意識 の変化を、大きく2つ「“社会・世界”の自分ゴト化」と「抑圧されたエゴの開放」と名づけ、若者層が震災を機に、社会活動に積極的にかかわるようになり、かつ、自分の欲求に対して理由づけのもとに自 分の欲求を能動的に表に出すようになったと考えました。

  • HOME
  • ABOUT
△