FILTERING TAG
「ビジネスキャリア」

ビジネスパーソン2,000人に聞く「仕事で必要なスキル」調査

 デキるあの人が優れているのは「観察力」と「判断力」

社会人に必要かつ今後身につけていきたいのは
”観察” “分類” “コミュニケーション“領域のスキル!

新卒で入社した会社で安定した仕事をしながら定年退職を迎えることが、ビジネスパーソンとしての典型的なモデルでは無くなった昨今。若手でもベテランでも「デキる人」と「デキない人」の差が可視化され、「ビジネススキル」や「必要とされる能力」の細分化が進み、ビジネスパーソンは枠に捉われない幅広いスキルや知識が必要とされる時代が訪れています。

そこで株式会社メディア・シェイカーズ M1・F1総研®では、全国の20代~40代の働き盛りのビジネスパーソン2,084名を対象に、「仕事に必要なスキル」や「仕事がデキる人が持っていると思うスキル」、「新入社員に身に付けて欲しいスキル」、「これから取得したいスキル」など、様々な仕事で必要なスキルについての意識を調査しました。

【TOPICS】

1.働く人が考える 「社会人全般に必要なチカラ」
1位は「対話力」(91.6%)、2位に「優れた状況判断力/取捨選択する力」(90.6%)、
3位に「聞く力・ヒアリング力」(89.0%)。

2.「デキるあの人」が持っているスキルって・・・?
デキる人に必須なのは「観察力」(77.7%)、「状況判断力」(76.7%)。
マネジメント層は「まとめる力」、「聞く力」、「発想力」も重視。

3.新入社員に身に付けて欲しいスキルとは?!
新入社員成長の秘訣――「対話力」(62.8%)、「向上心」(61.6%)、
「謙虚な心」(60.0%)に加えて、「やりきる力」と「バイタリティ」。
上司&先輩の視点もポイントに。

4.現在「取得しよう!」と思っているスキル
半数近くが「対話力」(45.2%)の取得意志あり。
全体傾向としては、“観察力”や”分類力” 、
“コミュニケーション能力“を重要視する姿が浮き彫りに!!

5.ビジネスキャリアの専門家が語る、スキルの効果とは
「観察」と「分類」を意識することで「コミュニケーション」と
「タイムマネジメント」のクオリティと効率がアップ!

リリース詳細はこちらから

【調査概要】
●調査手法:インターネット調査
●調査機関:株式会社 電通マクロミルインサイト
●調査地域:全国
●実施日時:2015年6月19日(金)~2015年6月20日(土)
●調査対象:マクロミル会員パネルのうち、
下記条件に該当する人(計2,000名)を抽出
①20歳~49歳の男女
②有職者(パート・アルバイト除く)
③マスコミ・メディア業と調査業・広告代理業従事者を排他
④業務内容について、「デスクワーク中心」、「屋内作業(接客・受付等)中心」、
もしくは「外回り(営業活動・打合せ)中心」の人

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Media Shakers M1・F1総研®
住所:東京都港区東新橋2-3-3 ルオーゴ汐留
TEL:03-6705-1820  FAX:03-5777-6171
担当:大貫

  • HOME
  • ABOUT
△