FILTERING TAG
「スマートフォン」

18歳~49歳のBYOD(Bring Your Own Device)ユーザー1,200人のスマートフォン選び

“普段使い”も“仕事使い”も『電池持ち』と『データ保存容量』を最重視
iPhoneユーザーは「ブランド」、Androidユーザーは「スペック」を重視する傾向

 

昨今、ビジネスパーソンの業務デバイス使用の主流になりつつあるBYOD (Bring your own device:従業員が個人保有の携帯用機器を職場に持ち込み、業務に使用すること)という考え方。単純に自分が欲しいスマホを購入する時と比べて、“普段使いと仕事使いの両立”など、上手なスマホ選びのコツが必要になってきたり・・・これまで以上に何を基準に選択するか迷うユーザーが増えつつある状況ではないでしょうか。

「R25」を運営する株式会社Media ShakersのM1・F1総研®では、スマホをBYODユースしている1,200人(使用OS:iOSとAndroid各600人/18歳~49歳の有職者男女)に対して、最新型スマートフォン4機種(標準サイズの「iPhone6s」と「Xperia Z5 Compact」/大画面サイズの「iPhone6s Plus」と「Xperia Z5 Premium)に着目し、「普段使い」と「仕事使い」における重視点や魅力点について調査しました。

 

【TOPIC1】 今や多数派!?BYODユーザーのスマホ選び

普段使い(63.8%)も仕事使い(44.9%)も「バッテリー容量」を最重要視。女性は「カメラ」や「データ容量」、「重さ」も顕著に重視。

 

【TOPIC2】 iPhone6s と Xperia Z5 Compact 標準サイズ最新スマホそれぞれの魅力点とは?

iPhone6s(普段使い)は「電池」「データ」「ブランド」が魅力。Xperia Z5 Compactは「電池」の他、「防水・防塵」、「外部メモリ」などの機能も一定の評価。

 

【TOPIC3】 iPhone6s Plus と Xperia Z5 Premium 大画面サイズ最新スマホそれぞれの魅力点とは?

iPhone6s Plusは「電池」「データ」「カメラ」に次いで「ブランド」が魅力(特にiPhoneユーザーが支持)。仕事では「画面サイズ」が高評価。 Xperia Z5 Premium(仕事使い)は「カメラ・画面」よりも「メモリ・データ容量」。

 

【TOPIC4】 iPhone6s と Xperia Z5 Compact 標準サイズスマホ スペック提示での購入意向変化

スペック提示後にiPhone、Androidユーザーともに、現使用OSの最新機種の購入意向が上昇。特にAndroidユーザーは「ブランド力」<「端末スペック」。

 

【TOPIC5】 iPhone6s Plus と Xperia Z5 Premium 大画面サイズスマホ スペック提示での購入意向変化

Xperia Z5 Premiumのスペック提示後にiPhone、Androidユーザーともに購入意向上昇。圧倒的なハイスペックは、OSをまたいだ機種変更をおこすポテンシャルあり。

 

リリース詳細はこちらから

 

調査概要|
●調査手法:インターネット調査
●調査機関:楽天リサーチ株式会社
●調査地域:関東1都3県(東京/神奈川/千葉/埼玉)、関西2府2県(大阪/兵庫/京都/奈良)、中部3県(愛知/岐阜/三重)
●実施日時:2015年 11月2日(月)~11月4日(水)
●調査対象:18歳~49歳の男女 携帯電話をBYODユース(私用デバイスを業務に活用)する、iOSまたはAndroid端末の使用者
●対象者数:1,200ss

 

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Media Shakers M1・F1総研®
住所:東京都港区東新橋2-3-3 ルオーゴ汐留
TEL:03-6705-1820  FAX:03-5777-6171
担当:大貫

<生活ラボニュース vol.12>M1・F1ビジネスパーソンに聞く「IT業務と健康についての意識調査」 ビジネスパーソンの職場での3大健康問題は「疲労感・肩こり・目の痛み」

「仕事中に体調の悪さを感じることがある」M1・F1層は6割以上。IT機器の利用機会の増加が、目や体にいっそうの負担をかけながら、対策は十分ではない傾向もあり。

 

昨今のビジネスパーソンにとってはPCやスマートフォンなどのIT機器を用いた業務は、ほぼ必須のものとなりつつあります。そうした中で、しばし、業務中に体調の不良を感じている人も多い様子。また、それに合わせた様々なオフィスでの癒しグッズや健康商品なども発売されており、デスクでそれらを活用している人も多い様子です。われわれ、M1・F1総研では、実際にM1・F1(男性女性の20~34歳)ビジネスパーソンが、現状のIT業務の現状と健康状態に対してどのような意識を持っているのかについて調査をしましたので、ご報告いたします。

 

1日平均9.7時間。若年ビジネスパーソンの1日はIT機器漬け。

若年ビジネスパーソンはIT機器漬け。一日の利用時間の合計は平均9.7時間。

若年ビジネスパーソンが、一日にどの程度、IT機器(パソコン、スマートフォン、携帯電話、タブレット端末)やデジタル家電(薄型テレビ、携帯ゲーム機)を利用しているか聞いてみたところ、合計利用時間が全体で9.7時間にも達していることが分かった。また、男性平均で9.0時間、女性平均では10.4時間、年代別では、20代後半が特に高いという結果となった。

パソコンの利用時間は全体で5.4時間、男性平均で5.2時間、女性で5.7時間という結果となった。スマートフォンや携帯電話でも同様の結果であり、今の若年ビジネスパーソンにおいては、男性よりも女性がIT機器を多く利用している傾向がうかがえる。

2012:08:16_a
パソコン・スマートフォンの利用時間は5年前と比べて増加、薄型テレビはやや減少

IT機器やデジタル家電の利用時間が、5年前と比べて増えたか、減ったかについて聞いてみた。5年前は利用者がほとんどいなかったスマートフォンは7割近くが増えたと回答しているほか、パソコンにおいても5割以上が増えたと回答している結果となった。特にパソコンは女性で増えたと回答している人は、57%に達する。一方で、薄型テレビに関しては、半数は「あまり変わらない」と回答しているが、減ったと回答する人も3割程度おり、減少傾向が見て取れる。

2012:08:16_b

 

 

若年ビジネスパーソンのカラダの不調は「疲労感・肩こり・目の痛み」

 

体調不良を感じる若年ビジネスパーソンは6割。特に感じる不調は「疲労感・肩こり・目の痛み」

職場で仕事中に体調の悪さを感じることがあると答えている人は全体の63.5%。男性平均は56.5%なのに対し、女性平均では70.3%にも達している。年代別に見ると20代後半が最も高く、最も低いのは20代前半という傾向となった。仕事に対する責任や個人の作業量などで負荷が大きくなる20代後半のビジネスパーソン像が伺える。

具体的な症状についても聞いてみると、全体では「カラダのだるさ」が60.6%で最も高く、ついで「慢性的な疲れ」「疲れやすさ」「肩こり」「目の痛みや疲労感」といった項目が続く。上位3つがいわば“疲労感”についての項目といえる。また、女性の場合、特に「肩こり」「頭痛」「腰痛」といった具体的な痛みの症状を挙げる声が高い傾向にある。

2012:08:16_c
自覚している最大の原因は「仕事のストレス」。一番の解消方法は「休むこと」

体調の悪さの原因は、やはり誰もが仕事のせいにしたいようで「仕事のストレス」を挙げる声が7割以上となった。また、3番手にはやはりIT機器の普及が影響してか「デスクワークなどでの目の酷使」が挙げられている。

解消するための対策についても聞いてみると、男女ともトップは「適度に休憩をとる」こと、ついで、「睡眠時間をきちんと確保する」「仕事の合間に簡単なストレッチや体操をする」といった、比較的簡単にできることがやはり、上位となっている。[グラフ6]

2012:08:16_d

 

 

IT機器は「目・肩・首」にクル。目の休息と目薬は常識に。

 

IT機器を利用して体調不良を感じる人は約7割。その9割が「目」に特に不調を感じると回答

先ほども述べたとおり、IT機器の普及や仕事量の増加は、若年層ビジネスマンの体調にも大きく影響を与えていると考えられ、IT機器を利用していて、体調不良を感じるかと尋ねてみたところ、7割近くが感じると回答する結果となった。ここでもやはり女性の方が感じることが多いようで、男性が6割に対し、女性は7割強となった。また「感じる」と回答している人にどこに体調不良を感じるか尋ねてみたところ「目」との回答が9割を超えてる結果となった。

2012:08:16_e
IT機器対策は「目薬」と「目の休息」、昨今のPCメガネの利用者は今後の拡大に期待

IT機器による体調不良対策として、何かしているかと聞いてみると「目薬をさす」「目を時々休める」といった回答が多い。「目薬をさす」のような、より積極的な対策は、やや女性の方が多いようだ。
また昨今、IT機器による目の疲れの原因としてしばし話題になる「ブルーライト」に関する認知は、名前を聞いたことがある程度の人も含めれば60%以上 となっている。更に、ブルーライト対策製品として話題になっているJINSなどから発売されているPCメガネについても、商品の存在を認知している人は過 半数に達しており、ブルーライトへの理解が進むとともに、今後より一層の利用拡大が期待される。

2012:08:16_f

 

 

レポートPDF(312KB)ファイル

<生活ラボニュース vol.6> M1・M2ビジネスマンに聞く『スマートフォンの使い方調査』発行

2008年に日本国内で発売開始したiPhone、そして、2009年のAndroidアプリ搭載スマートフォンの登場以降、若者層を中心にスマートフォンの利用が普及しつつあります。M1・F1総研(R)(株式会社Media Shakers 運営)ではM1層ビジネスマン、そして、比較対象としてM2層ビジネスマンがどのようにスマートフォンを活用しているかを調査いたしました。今回は、若者層のスマートフォンの使い方を詳細にご報告いたします。

20歳から34 歳まで若者層のマーケティング調査機関であるM1・F1総研(R)(株式会社Media Shakers 運営)は、昨今のスマートフォンの急速な普及に注目し、M1層(20歳から34歳男性)および、M2層ビジネスマンの『スマートフォンの使い方調査』を実施いたしました。

調査の結果、先日の報道にも見られたとおり、M1層、M2層ビジネスマンの利用するスマートフォンはiPhoneユーザーとAndroidユーザーへと2極化しつつあるのがわかりました。スマートフォンそのものは必携ツールとなっているものの、現状の利用のされ方はプライベートでの利用が中心であり、ビジネスでの活用はまだ普通の携帯から脱し切れていないこと、そして、それらの解消においては「電波のつながりやすさ」や「バッテリーの持ち」といった点がポイントとなるであろうことがわかりました。

 

※調査対象は、首都圏(1都3県)在住の20~34歳の男性有職者、および35~49歳の男性有職者 各200名、合計400名

以下、詳細については添付のリリースをご覧ください。

生活ラボニュース vol.6詳細(PDFファイル 576KB)

  • HOME
  • ABOUT
△