FILTERING ARCHIVE
「 2014年8月 」

20代~50代のビジネスマン400人に聞く、エナジードリンク調査

エナジードリンク飲用時間は「朝」がトップ
エナジードリンク飲用頻度は約半数が「増加」傾向に
購入場所は「職場近くのコンビニ」が約6割

 

カフェインやアルギニンなどを含み、エネルギー補給を謳う炭酸入りの「エナジードリンク」。新規参入が相次ぎ、市場規模は約400億円とも言われ、急激に拡大しています。数年前の登場時には、若い男性を中心に人気を集めてきたエナジードリンクですが、今年に入って女性向けやビジネスマン向けの商品も登場し、エナジードリンクブームが到来しているようです。

フリーマガジン「R25」を発行する株式会社メディア・シェイカーズのM1・F1総研®は、このエナジードリンクに注目し、20代~50代の男性ビジネスマン1万人を対象にエナジードリンクの飲用経験を聞き、その中から月1回以上エナジードリンクを飲用する400名を対象に、エナジードリンクの飲用実態やブランド認知について調べました。

 

TOPIC1 ビジネスマンが「朝」飲むドリンク
●エナジードリンクは「朝・午前中」に飲まれる傾向
●「元気・活力」「気合」「やる気」がほしいとき
●職場近くのコンビニで購入、飲用頻度は増加傾向

 

TOPIC2 仕事に意欲的な30代・40代
●ビジネスマンがやる気を高めたいのは「始業前」
●仕事に意欲的なのは、実は30代・40代
●ワークライフバランスの理想は、仕事とプライベートが「5:5」

 

TOPIC3 エナジードリンク 2014夏の陣
●業界のパイオニア「レッドブル」に挑む新興勢力
●各社エナジードリンクのイメージ

 

詳しくはお問合せください。

  • HOME
  • ABOUT
△