FILTERING ARCHIVE
「 2013年3月 」

<生活ラボニュースvol.14> いまどきムスメは、パパをどう思っている!? ~女子高生、女子大生、新米OL 1200人に聞く“父と娘”の関係調査~

 

春といえば卒業、大学進学、就職などで子供が親元を一斉に離れていく時期。子供の成長は嬉しい半面、どんどん親から離れていくのは実はちょっと寂しいもの・・・特に、娘を持ったお父さんならその思いもなおさらでしょう。 

ところで当の娘さんたちは、本当のところ自分のお父さんをどう思っているのでしょうか?お父さんが聞きたくても直接聞けない「娘のホンネ」を探るべく、フリーマガジン「R25」を発行する㈱メディア・シェイカーズのM1・F1総研が世の娘さんたち1200人への大調査を実施しました! 

その結果、いまどきの女子達がお父さんを愛しており、特に「ドライブ」など車にまつわる側面について、お父さんをとても頼もしく思っているという、「日頃から仕事に家庭にと全力投球で頑張るお父さん」を多いに鼓舞する結果が見えてきました。

 

8割弱(76.3%)の女子が「パパが好き」。

  2割以上(21.5%)は「結婚したい」と思ったことアリ。

 

 父親と娘の関係性を深掘りするにあたって、まずは「お父さんのことを好きか嫌いか」について聴取した。 その結果、「好き」と答えた人(「好き」と「やや好き」の合計)は全体の76.3%にものぼった(表①)。加えて、「父親との関係性」について聴取したところ、「子どものころ、お父さんが理想の結婚相手だったことがある」と回答した人は、全体の21.5%であった(表②)。

また、父親とのコミュニケーションは全体の過半数(52.3%)が「多くとっている」と答えており、父親とのコミュニケーション満足度を見ると、実に82.4%もの人が「満足している」と答えている。

特に、「父親と一緒にしたことがある」ことを見ると、多い順に「外食」(83.4%)、「買い物」(76.2%)、「旅行」(66.8%)、「メールやSNS」(65.5%)、「イベント・レジャーに出かける」(62.7%)、「ドライブ」(56.4%)と続いた。年齢区分別でみると、若い世代の方が経験率の高いものが多いことがわかる(表③)。

 いまどき女子は父親好きな人が多く、父親とのコミュニケーションにも満足していることから、とても良好な関係性を築き上げている様子がうかがえる。

娘にとってのお父さんは“どっしりとして温かい、人生の先輩”

  TOP3は「家族の大黒柱」「静かに見守ってくれる」、「社会人としての先輩」

娘にとって父親がどういう存在かを聞いてみたところ、上位3つは「家族の大黒柱」

(75.8%)、「静かに見守ってくれる存在」(72.6%)、「社会人としての先輩」(71.1%)

となった。  これらの3項目は、上の世代ほど肯定率が高くなることから、娘も年を経るほどに、

父親のことを見直すことが多くなるものと推察できる(表④)。

彼氏と比べ‘経済力’‘頭のよさ’‘車の運転が似合う’でお父さんに軍配。

  総合評価はおよそ70点。

彼氏がいると回答した346人に「お父さんと彼氏を比べ、それぞれの項目についてどちらが勝って

いると思うか」を聞いたところ、彼氏と比べてお父さんに軍配が挙がるのは、「経済力」(85.6%)、

「頭のよさ」(64.2%)、「車の運転が似合う」(62.1%)ことであった。

反対に、彼氏に軍配が上がるのは「見ためのかっこよさ」(75.1%)、「やさしさ」(65.9%)、

「趣味の良さやセンス」(78.6%)となった(表⑤)。

年齢と経験を重ね、円熟した人のみが持つことができるであろうポイントにおいて、お父さんが

人生の先輩としての強みを発揮していることがわかる。

そんなお父さんを100点満点で採点してもらったところ、平均点は67.3点であった。

基本的には娘に好かれながら良好な関係性を築いているお父さんだが、同時に、まだその

評価には「伸びしろがある」ということも言えなくはないだろう。

理想の父親像は、「自分のこだわりを持ち、家族のために生きる」パパ。

  さらなる高評価のポイントは「ドライブ」にあり?!

父親の現状が見えてきたところで、娘が考える父親の理想像とはどういったものなのだろうか。

いまどき女子が“大人の男性に思うところ”として、 「奥さんや娘を大事にするのはカッコいい(85.9%)、「見た目や着る物に気をつかってほしい」(74.3%)、などがあることがわかる(表⑥)。

『いまどき女子の男性観』と『理想の父の姿』(表⑦)とを紐づけると、娘が考えるあるべき父親とは 「家族のために生き」(78.8%)、かつ「自分のこだわりがある」(77.1%)カッコ良い姿が理想的であると言えよう。

また、お父さんを頼りになると感じるシーンを聞くと、「ドライブ、車の運転姿」(39.1%)が「仕事で

家族を支えてくれていることを感じた時」(35.7%)を上回り1位となった(表⑧)。お父さんが今以上

に娘からの支持を得るためのポイントとして「ドライブ姿」にポテンシャルがありそうなことがわかる。

 

6割以上(63.8%)が「父親とドライブ」希望。57.8%が「話しやすくなる」。

「父親の頼りになる時」として「ドライブ姿」が1位になるなど、父親の運転を非常に好ましく思っている娘像が明らかになったところで、ドライブ好きな女子についての考察を試みた。

「ドライブが好き」と回答した女子は、全体の75.8%。また、「運転が上手いお父さん」や「ドライブに連れて行ってくれるお父さん」は‘カッコいい’(それぞれ89.8%/73.8%)と感じていることがわかった。

次に、「父親と二人でドライブしたい」女子は全体の63.8%で、特に女子高生に限ると70.0%となる(表⑨)。さらに、57.3%の人が「お父さんとドライブに行くといつもより話せる」と考えており(表⑩)、ドライブは父娘の関係をより深める方法として注目できそうである。

行きたい場所の1位は「郊外の大型店舗」。

   「道の詳しさ(36.0%)」と「駐車テク(32.1%)」と「マナーの良さ(31.3%)」

  が娘のハートをつかむ!

父親とのドライブで行きたい場所TOP3は、「郊外の大型店舗」(50.2%)、「自然・山などアウトド

ア」(28.8%)、「話題のイベントスポット」(27.3%)、少し遠出して非日常感を味わえる場所がなら

んだ(表⑪)。

また、ドライブ中のお父さんがカッコいいと思うのは「抜け道やう回路に詳しかった時」(36.0%)

「縦列駐車など難しい駐車をスムーズにした時」(32.1%)「歩行者や他のドライバーへのマナーを

感じた時」(31.3%)などであった。

 

ドライブもお迎えもセダンが一番人気。理想のドライブパパは佐藤浩市さん。

お父さんとのドライブデートは「ありだと思う」と回答した人は全体の40.5%であった(表⑫)。

また、お父さんとのドライブの際に乗って欲しいクルマのタイプは「セダン」(21.3%)が一番人気

であり(表⑬)、上の世代ほどセダン支持者が多いことがわかった(高校生14.8%<大学生22.0%

<社会人27.3%)。 さらに、「迎えに来て欲しい車」でも、セダンが1位(25.6%)となった(表⑭)。

こちらもまた、上の世代からの支持率が高い結果となっている(同18.8%<25.3%<32.3%) 。

「カッコいいクルマが好きだ」と回答した人は全体の56.8%おり、「父親とドライブデートOK」という

人の中で「ドライブのクルマはセダン」と回答したひとは26.5%(>全体21.3%)だったことから、

「セダンはカッコよくてお父さんとのデートやドライブ向き」というイメージをもたれていると言えよう。

また、「ドライブに行きたい理想のパパ」の第1位は佐藤浩市さんで(1,200名中80名が回答)、

2位に舘ひろしさん、3位阿部寛さん、4位反町隆史さんと、幅広い世代のタレントの名前があがり

ました(表⑭)。

 

★詳細をPDFでご覧になりたい方はこちら ⇒ release_topic_130313

【M1・F1総研からのお知らせ】

この度M1・F1総研®では、WEBサイトの移転を行いました。

旧サイトURLのトピックやリリースにリンクして頂いているメディア、ブロガーの皆様にはご迷惑をおかけしております。

新しいトピックやリリースは本サイトより発信をしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

2013/03/13

株式会社Media Shakers M1・F1総研

 

  • HOME
  • ABOUT
△