FILTERING ARCHIVE
「 2010年1月 」

2010年1月28日 分析レポートVol.12「若者におけるテレビの存在価値の考察」発行

今回の調査によって、若者が平日・休日ともに自宅で最も長く行っていることは、「インターネットをする」を上回り、依然「テレビ番組を見る」ことであり(平日⇒M1:30.5%、F1:31.6%/休日⇒M1:35.1%、F1:34.0%)、テレビ視聴が多様な視聴スタイルによって各人の生活の中で受け入れられていることが明らかになりました。また、M1・F1層はテレビを見るのが「好き」とする値も上の世代に比べて高く(M1:73.4%、F1:77.7% > M2:66.0%、F2:74.5%)、その上リアルタイム視聴時にテレビCMを見ない層は圧倒的に少数派でした(M1:17.7%、F1:10.5%)。“テレビ離れ”が言われながらも、まだまだ若者に対してテレビが有効なメディアであることを、再認識する結果となりました。

 

ニュース詳細(PDFファイル 151KB)

内容のハイライト(PDFファイル 260KB)

有料データのご紹介(PDFファイル 182KB)

  • HOME
  • ABOUT
△