FILTERING ARCHIVE
「 2008年7月 」

2008年7月30日 トピックVol.13「新スポットに対する行動の特徴」発行

昨年都内にオープンした新スポットへ実際に3ヶ月以内に足を運ぶ人は約2割程度にとどまっています。同時に、半年から1年経っても約7割の人が訪問していないことが分かりました。その行動力の差は他のスポットへの訪問頻度にも同様に見て取れ、若者が行動力において二極化していると読み取れます。

また、新スポットへの情報入手メディアとしては、テレビが圧倒的に多く、次いで雑誌、家族・友人・知人の話と続きますが、新スポットにすぐに行く人は特に雑誌や無料情報誌から積極的に情報をとっていることがわかりました。

 

ニュース詳細(PDFファイル 83KB)

トピックレポート詳細(PDFファイル 252KB)

  • HOME
  • ABOUT
△